引越し業者の選び方|気持ちよく旅立つために

レディ

レイアウトを決めておく

引越の準備をスムーズに行うためには、段取りを組んでおくことが大切です。いつまでに何をやるべきか、やることをリストを作っておきましょう。また、家具のレイアウトも考えておきます。当日、入らないということがないようにサイズを測っておきましょう。

冷蔵庫

重たい家電を安く運ぶには

引越の際に重さやサイズ面から冷蔵庫だけを運ぶ場合には、業者比較サイトを活用してみることで、最安値の運送料金で運ぶことが可能となる場合があります。中には、無料で見積もり、大手業者を競合させてくれるサイトもあるので、引越料金を安くすることができる可能性があります。

すべき手続きをチェック

箱

漏れがないようにする

神奈川県から他県に引越しするときには、引越し業者を決めて梱包や搬出・搬入といった物を動かす以外に役所や公共施設で多くの手続きをしなければなりません。まず旧家のある神奈川県内の市区町村の役所・役場で転出届けをもらいます。引越し前14日前からもらうことができます。ちなみに同じ市町村内での引越しは転居届けといいます。新しい住所地の役所・役場に14日以内に転出届けを出しましょう。会社で年金や健康保険に入っている人は会社が手続きをしてくれますが、国民健康保険や国民年金に加入している人は転出届けと同日に手続きすることを忘れないで下さい。子供が学校に通っている人は学校での転校届けの他に児童手当の手続きが必要になります。児童手当の申請は新住所で行いますが、所得証明書または課税証明書が必要になりますので、旧住所でもらっておくようにします。他公共機関では郵便局に転居届を出しておけば、神奈川県外であっても1年間新住所へ郵便物を転送してくれます。電気・水道・ガスの手続きは電話ですることができますが、ガスに関しては立ち合いが必要になりますので、早めにガス会社に連絡をして立ち会いの予約をするようにしてください。新居で電気・水道・ガスがすぐに使えるように事前に連絡しておくとよいでしょう。自動車を持っている人は引越し後の手続きになります。神奈川県外への引越しになるので、ナンバーが変わります。普通車であれば新住所の陸運支局、軽自動車であれば軽自動車検査協会で変更します。費用はかかりますが、行政書士に代行してもらうこともできます。また、引越しを行なう際には、費用を安く済ませるために個人で行なうという人も多いです。しかし、現在では格安で依頼することができる引越し業者も増えているため、利用してみるとよいでしょう。しかし、それぞれの引越し業者によってもサービス内容や費用が異なります。そのため、選ぶ際にはまず複数の業者に見積もりを依頼してそれぞれの結果を比較してみるとよいでしょう。そうすることで、納得のいく価格で引越しを行なうことができます。